奈良公園でシカの赤ちゃん誕生 今年初、軽やかに駆ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 報道陣に公開された、奈良公園で今年生まれたシカの赤ちゃん=8日午前、奈良市

 奈良市の奈良公園で今年初めてシカの赤ちゃんが生まれ、草の上を軽やかに駆ける姿が8日、報道陣に公開された。体長66センチ、体重約3500グラムの雄で、「キュー」と元気に鳴く様子も見せた。

 春日大社境内にある施設「鹿苑」で7日、「奈良の鹿愛護会」職員の河辺隆之さん(31)が、生後間もない子ジカを母ジカがなめているのを見つけた。鹿苑では現在、公園内の妊娠したシカ約200頭を保護しており、例年、出産のピークは6月初旬~中旬ごろという。

 生まれた子ジカは6月中、鹿苑で一般公開され、7月下旬に奈良公園に"デビュー"する。