女優の月丘夢路さんが死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去した月丘夢路さん

 宝塚歌劇団出身で、映画やテレビドラマで活躍した女優の月丘夢路(つきおか・ゆめじ、本名井上明子=いのうえ・あきこ)さんが3日午後1時50分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。95歳。広島市出身。

 県立広島高等女学校中退。宝塚少女歌劇団に入り、一躍スターに。1942年、五所平之助監督の映画「新雪」に出演、端麗な美貌で国民的な人気を集めた。

 大映、松竹と移籍し、「晩春」「長崎の鐘」などに出演した後、日活へ。看板スターとして川島雄三監督「あした来る人」、田中絹代監督「乳房よ永遠なれ」、中平康監督「美徳のよろめき」などに立て続けに主演、日活の黄金時代を支えた。