日産、中国でピックアップ新型車 規制緩和で販売強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日産自動車が中国河南省鄭州市の合弁工場で生産を始めた新型ピックアップトラック「ナバラ」=8日(共同)

 【鄭州共同】日産自動車は8日、中国河南省鄭州市の合弁工場で、6月に同国で発売するピックアップトラックの新型車「ナバラ」の生産開始式典を開いた。中国でこれまでピックアップトラックは普及していなかったが、規制緩和やライフスタイルの多様化に伴って需要が拡大するとみて、販売を強化する。

 日産は従来も別のピックアップトラックを販売していたが、ナバラは乗り心地を乗用車に近づけ、デザインも都会的にすることで若者の需要開拓を狙う。

 ピックアップトラックは北米や東南アジアで人気がある。中国では従来、市街地への乗り入れが禁止され、主に農作業などに使われていた。