ジャンプ伊東大貴、メダルへ決意 平昌五輪へ始動

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 陸上トレーニング合宿でダッシュする、ノルディックスキー・ジャンプ男子の伊東大貴=8日、札幌市

 ノルディックスキー・ジャンプ男子でソチ冬季五輪団体銅メダルの伊東大貴らが所属する雪印メグミルクが8日、札幌市内で陸上トレーニング合宿を開始し、報道陣に公開した。来年2月の平昌五輪に向けて本格始動した31歳の伊東は「個人のメダルを視野に入れ、努力したい」と決意を述べた。

 初日は体幹トレーニングやダッシュを繰り返した後、フットサルで汗を流した。2016~17年シーズンのW杯の個人で伊東は4位が最高と、2季続けて表彰台を逃した。新シーズンに向け、実戦的な練習などを多めに取り入れる考えで「自分を冷静に見つめて過ごすことができれば、メダルが近くなる」と話した。