列島各地で今年一番の暑さ 11県で真夏日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 強い日差しの中、大阪市内を歩く人たち=8日午後

 日本列島は8日、高気圧に覆われ、内陸部を中心に東北の南部から九州の広い範囲で今年一番の暑さを記録し、11県で最高気温が30度に達する真夏日となった。

 気象庁によると、8日は高気圧が東シナ海から九州の南を通って太平洋へ移動し、広範囲で晴れて日差しが強くなった。各地の最高気温は群馬県館林市と甲府市、静岡市で31・4度、和歌山県新宮市で30・8度、鹿児島県肝付町で30・1度、広島県安芸太田町で30・0度など。

 9日以降は、前線を伴った低気圧が近づくため、西から天気は下り坂になり、北日本の強風も収まる見通し。