バレー山田監督「ベスト尽くす」 女子世界クラブ選手権、9日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見を終え各クラブチームの監督とポーズをとる、NECの山田監督(中央左)と久光製薬の酒井監督(同右)=8日、神戸市

 バレーボール女子の世界クラブ選手権は9日に兵庫県の神戸総合運動公園体育館で開幕する。8日は神戸市内で記者会見が行われ、昨年のアジア・クラブ選手権を制して出場権を獲得した今季のプレミアリーグ女王、NECの山田晃豊監督は「挑戦者としてベストを尽くしたい。ラリーに持ち込みたい」と意気込んだ。初戦はネスレ・オザスコ(ブラジル)と顔を合わせる。

 プレミアリーグ2位の久光製薬も開催国代表で出場し、9日にはレクソナ(ブラジル)と戦う。

 大会は欧州、南米、アジア、開催国の代表4チームとワイルドカード4チームの計8チームが出場する。