トランプ氏、オバマ氏忠告聞かず フリン氏起用で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】トランプ氏が昨年11月の米大統領選で当選した直後にオバマ大統領(当時)と会談した際、フリン氏を大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に起用すべきではないと忠告を受けていたと米主要メディアが8日報じた。フリン氏とロシアの不透明な関係が理由だった可能性もあるという。

 トランプ氏は忠告を聞かずに抜てきしたが、フリン氏は1月の政権発足前にロシア大使と対ロ制裁見直しを協議したことを巡り、ペンス副大統領に虚偽の報告をした責任を取って2月13日に辞任した。