東京円、113円台前半 2カ月ぶり円安水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 9日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=113円台前半で取引された。3月中旬以来、約2カ月ぶりの円安ドル高水準となった。

 午前10時現在は、前日比74銭円安ドル高の1ドル=113円29~30銭。ユーロは46銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円77~79銭。

 米長期金利の上昇を受けて日米の金利差拡大が意識され、円を売ってドルを買う動きが先行した。

 市場では「フランス大統領選で欧州混乱のリスクが減少したことも、引き続き円売りを後押ししている」(外為ブローカー)との声があった。