村総会「一つの選択肢」 適切に助言と総務相

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 高市早苗総務相は9日の記者会見で、高知県大川村が村議会を廃止し、有権者が予算などの議案を直接審議する村総会の設置を検討していることについて「著しく人口が少ない町村で一つの選択肢となり得る」と述べた。

 地方自治法が定める町村総会の設置について、今後自治体から相談があった場合は、適切に助言する考えを示した。

 高市氏は「議員のなり手不足は課題」と指摘。議会や議員活動への住民の理解を深め、多様な人が参加しやすい環境をつくることが重要だとした上で、総会も選択肢との認識を示した。