相撲の矢後ら6人が体格基準パス 夏場所の新弟子検査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大相撲夏場所の新弟子検査を受ける矢後太規。右は玉ノ井親方=9日午前、東京・両国国技館

 大相撲夏場所(14日初日・両国国技館)の新弟子検査が9日、東京・両国国技館で行われ、昨年の全日本選手権を制した中大出身の矢後太規(22)=北海道出身、尾車部屋=ら、受検した6人全員が身長167センチ、体重67キロ以上の体格基準を満たした。内臓検査の結果を待ち、初日に合格者が発表される。

 幕下15枚目格付け出しの承認を受けた矢後は187センチ、172キロで「一番一番集中し、勝ち越しを目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 検査には7人が申し込んだが、1人は受けなかった。