首相、民進に改憲案提出を要請 憲法審の議論促す、参院予算委

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院予算委で答弁する安倍首相=9日午後

 安倍晋三首相は9日午後の参院予算委員会で、民進党に対し憲法改正で具体的な提案をするよう求めた。「将来に向かって具体的な案を(国会の)憲法審査会に提出してほしい」と述べた。憲法9条などを改正し2020年施行を目指すとした自らの発言について「自民党総裁としてお答えしている」と改めて述べた。民進党の蓮舫代表の質問に答えた。

 首相は「自民党内の議論を加速して憲法審査会への提案を、いかに苦しくてもまとめ上げる決意だ」とも表明した。

 改憲の施行時期を20年とした理由については「東京五輪・パラリンピックも予定されている。機運がみなぎっている」と説明した。