日通も運賃の値上げ要請へ 企業向け、引っ越しも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本通運は9日、運賃の値上げを顧客に要請する方針を明らかにした。人手が不足し自社で賄えない分の外注費と燃料費の上昇が背景という。同社は主に製造業や小売業など企業向けの物流を担うが、個人向けに展開している引っ越しも値上げを検討する。

 物流業界では宅配便大手のヤマト運輸や佐川急便が相次いで値上げの方針を表明している。日通の林田直也取締役は東京都内で開いた記者会見で「(値上げについて)追い風が吹いている。外注費などが上がり続けており、転嫁せざるを得ない」と述べた。

 日通は2017年3月期にも顧客に値上げを要請し、25億円程度の増収効果があった。