商工中金、不正で改善命令

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国の制度融資で不正が発覚し、中小企業庁の宮本聡長官(右)から業務改善命令を受ける商工中金の安達健祐社長=9日午後、経産省

 経済産業省、財務省、金融庁の3省庁は9日、国の制度融資で不正が発覚した政府系金融機関の商工中金に対し業務改善命令を出した。全国規模で行われた書類改ざんや不正隠蔽を重大視。一部にとどまっている調査を不正の舞台になった「危機対応融資」全体に広げ、問題の原因となった役職員の責任明確化を含む再発防止策を求めた。確認のため経産省など所管官庁で検査を実施する。

 宮本聡中小企業庁長官は9日、商工中金の安達健祐社長を経産省に呼び、業務改善を命令した。商工中金に対する行政処分は1936年の設立後初めてで、商工中金は6月9日までに業務改善計画を策定し、提出する。