ミサイル一報から避難要請 政府、Jアラート運用変更

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府は9日、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合などに情報提供する全国瞬時警報システム(Jアラート)について、第一報の段階で避難を呼び掛けるよう運用を変更すると発表した。日本に数分間で飛来するため、これまでより前倒しして、国民に早期の避難を促す。

 日本の領土・領海に落下する可能性があると判断したケースの一報は、発射情報だけだった。今後は、頑丈な建物や地下に避難するよう求める。

 領土・領海の上空通過や、領海外に落下した場合でも、不審物を発見した際は近寄らずに警察や消防などに連絡するよう依頼する。