首相、答弁撤回を拒否 参院予算委、野党批判

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 参院予算委で民進党の蓮舫代表(右端)の質問に答える安倍首相=9日午後

 野党は9日の参院予算委員会で、安倍晋三首相が憲法改正を巡る自身の提案に関し「自民党総裁としての考え方は読売新聞に書いてある。それを熟読していただきたい」と答弁したことを強く批判した。答弁の撤回も求めたが、首相は応じなかった。

 民進党の蓮舫代表は、8日の衆院予算委での首相答弁を取り上げ「国会で説明しないのは立法府軽視だ。撤回するか」と迫った。首相は「新聞での発言は党総裁の考えを述べた。国会には首相として立っている」とかわした。

 共産党の小池晃書記局長は「この新聞には『首相インタビュー』と書いてある。質問するのは当然だ」と追及した。