首相、五輪相に調整指示 大会開催費の自治体分担

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相は9日、丸川珠代五輪相を官邸に呼び、2020年東京五輪・パラリンピック開催費の東京都と開催自治体の分担について調整に入るよう指示した。東京都の小池百合子知事はこれに先立ち、都内で開かれた9都県市首脳会議で5月中に結論を出す考えを強調。会議では神奈川県の黒岩祐治知事らから早期決着を求める声が相次いだ。

 首相と丸川氏の会談には黒岩氏と埼玉県の上田清司、千葉県の森田健作両知事が同席。3知事は仮設施設整備や運営費に関し、東京都以外の自治体に負担を求めるのはおかしいと主張。首相は理解を示し、丸川氏に「東京都の案を待つことなく調整するように」と伝えた。