日銀総裁、出口戦略公表を検討 大規模な金融緩和で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 黒田東彦総裁

 日銀の黒田東彦総裁は10日、衆院財務金融委員会に出席し、現在の大規模な金融緩和策を手じまいする「出口戦略」に関し、考えられるシナリオの公表を「今後検討していく」と述べた。出口の議論が「時期尚早」としていた従来より前向きな姿勢を示した。

 黒田氏は、出口戦略はその時点での経済や市場環境を考慮するとしながらも「(出口の際の)日銀の財務面に及ぼす影響を含めて、分かりやすく説明していくことは非常に重要だ」とした。公表の時期などは明言を避けた。また、将来的に出口を模索する局面で、日銀の決算が一時的に赤字となる可能性を否定しなかった。

 民進党の前原誠司氏への答弁。