改造「Wii」販売疑い 兵庫の男、書類送検

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 任天堂のゲーム機「Wii(ウィー)」の正規品

 福岡県警は10日、違法コピーしたソフトで遊べるよう改造した任天堂のゲーム機「Wii(ウィー)」を売ったとして、不正競争防止法違反などの疑いで、兵庫県南あわじ市の無職の男(67)を書類送検した。県警によると「インターネットオークションで売った。小遣い稼ぎでやった」と容疑を認めているという。

 送検容疑は、昨年5~11月、改造ゲーム機本体とスーパーマリオブラザーズWiiなどのソフトを保存したUSBメモリーをネットオークションに出品し、3人に販売するなどした疑い。

 県警は、少なくとも2014~16年、ネットオークションで計約52万円の利益を得ていたとみている。