三越伊勢丹、希望退職検討 来年3月実施、労使協議へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長=10日午後、東京都中央区

 業績低迷が続く三越伊勢丹ホールディングスは10日、人件費を削減するため希望退職を検討すると発表した。労働組合との協議に入り、退職金の積み増し額や募集人数などの詳細を秋までに詰める。2018年3月期末の実施を想定している。

 東京都内で記者会見した杉江俊彦社長は「人件費が同業他社と比べて高く、大きな課題だ」と説明した。

 採算の悪化が目立つ地方店に関しては、需要や競争環境を踏まえて個別に在り方を検証する。杉江氏は「安易にやり過ぎると駄目だが、ユニクロやニトリといった専門店の誘致もやっていきたい」と述べた。