メジロ違法飼育で捜索、大阪 「闇取引」後絶たず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 鳴き声が美しく密猟対策が必要なメジロ=2002年12月、千葉県松戸市

 野鳥のメジロなどを違法に飼育したとして、大阪府警保安課は10日、鳥獣保護法違反の疑いで堺市の男性宅など府内の住宅12軒を一斉に家宅捜索した。密猟対策に取り組む民間団体によると、大阪はメジロ愛好家の「闇取引」が後を絶たず、保安課は摘発を強化している。

 捜査関係者によると、メジロなど計171羽を押収した。男性らの愛好家グループは飼育が禁止されているメジロを飼っていた疑いが持たれている。50羽近くの保有者もいたという。保安課は書類送検する方針。

 メジロは鳴き声が美しいのが特徴。「鳴き合わせ会」が開かれていると2月に府警へ情報提供があり、捜査していた。