広島で6歳未満男児脳死

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本臓器移植ネットワークは10日、広島県内の病院に小脳出血で入院していた6歳未満の男児が同日午前9時19分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。6歳未満の脳死は7例目で、15歳未満としては14例目。家族が脳死判定と臓器提供を承諾した。

 両肺は岡山大病院で1歳女児に、心臓は東京大病院で10歳未満の男児に移植。岡山大によると、脳死肺移植では国内最年少だという。

 移植ネットによると、脳死と判定された男児の両親は「これからも(息子が)元気に笑って生き続けてくれればと願い、臓器提供という方法を選びました」と話しているという。