復帰の錦織、逆転勝ち

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子シングルスでディエゴ・シュウォーツマンを下し、3回戦進出を決めた錦織圭=マドリード(ロイター=共同) 

 【マドリード共同】テニスのマドリード・オープンは10日、マドリードで行われ、男子シングルス2回戦で右手首の故障から約1カ月半ぶりに復帰した世界ランキング8位の錦織圭(日清食品)が世界40位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を1―6、6―0、6―4で下した。3回戦でダビド・フェレール(スペイン)と対戦する。

 錦織は準々決勝で敗退した3月下旬のマイアミ・オープンで手首を痛め、4月のバルセロナ・オープンを欠場。四大大会に次ぐ格付けの今大会は、全仏オープン(28日開幕・パリ)と同じクレーコートでの開催で1回戦免除の第6シードに入った。