京都市地下鉄、運行停止を決定 ミサイル発射Jアラートで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 京都市交通局は10日、全国瞬時警報システム(Jアラート)で北朝鮮によるミサイル発射の第一報が寄せられた場合、市営地下鉄と市バスの運行を一時停止することを決めた。

 国がJアラートについて、第一報で避難も呼びかけるよう運用を変えたことに伴う措置。市は5月に入るまで対応を決めていなかった。

 市によると、第一報があった際、走行中の電車は次の駅で停止し、停止中の電車はそのまま止まる。客には駅構内にとどまるよう案内し、安全が確認でき次第、運転を再開する。バスも最寄りのバス停などに停車し、避難するよう呼びかける。