埼玉の1歳男児重体、父再逮捕へ 傷害容疑、日常的に虐待か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 埼玉県鶴ケ島市で4月、次男(1)の頭をはさみで殴るなどし重体にさせたとして、傷害罪で起訴された同市の無職佐野良明被告(23)が、昨年末にも暴行を加えていた疑いが強まったとして、埼玉県警が別の傷害容疑で11日に再逮捕する方針を固めたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 次男は依然として意識不明の状態が続いている。県警は日常的に虐待していた可能性もあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、佐野被告は昨年12月、鶴ケ島市の自宅で次男の顔にスプレー缶を投げつけ、軽傷を負わせた疑いがもたれている。