米ロ首脳、7月に会談へ シリア和平で協力確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 10日、ホワイトハウスでロシアのラブロフ外相(右)と握手するトランプ米大統領(タス=共同)

 【ワシントン、モスクワ共同】米国を訪問したロシアのラブロフ外相は10日、ワシントンでティラーソン米国務長官、トランプ大統領と相次いで会談した。ラブロフ氏は会談後に記者会見し、7月の20カ国・地域(G20)首脳会合でプーチン、トランプ両大統領が会談することで同日までに合意したことを明らかにした。シリア和平に向けた協力も確認した。

 ラブロフ氏は、米ロ両国は困難にかかわらず、国際問題を共に解決しなければならないと強調した。