ロシア疑惑捜査の強化要請 FBI長官、解任数日前

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 FBI長官解任に「ファシスト」などと書かれたプラカードを掲げ、ニューヨークのトランプタワー前で抗議する人たち=10日(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米主要メディアは10日、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏が数日前、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑の捜査を加速するため、態勢の強化を司法省に求めていたと伝えた。連邦議員らが明らかにした。トランプ政権は10日、解任は正当だとの主張を繰り返した。

 疑惑捜査はトランプ大統領の側近らとロシアの不透明な関係の解明が焦点。結果次第で政権は打撃を受けるため、野党民主党はトランプ氏が捜査妨害を狙ってコミー氏を解任したと非難している。政権は真っ向から否定しており、FBI長官の異例の解任を巡り、米政界は揺れている。