韓国、米中首脳と電話会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル、北京、ワシントン共同】韓国の文在寅大統領とトランプ米大統領は10日電話会談し、両国の同盟関係を引き続き強化し、北朝鮮核問題などで緊密に協力することで一致した。韓国大統領府と米ホワイトハウスが明らかにした。中国国営の中央テレビによると文氏は11日、中国の習近平国家主席とも電話会談。文氏は南北対話を重視しており、北朝鮮に影響力を持つ中国に連携を求めたとみられる。

 文氏はトランプ氏との電話会談で、朝鮮半島情勢の不確実性が高まっており、米韓同盟は「これまでにも増して重要だ」と指摘。北朝鮮の挑発抑止に取り組むトランプ氏の姿勢を評価した。