満月の夜に釈迦生誕祭 世界遺産ボロブドゥール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 10日、インドネシア・ジャワ島のボロブドゥールで、夜空に放たれた多くのランタン(共同)

 【ジョクジャカルタ共同】インドネシアのジャワ島にある世界遺産ボロブドゥールで10日から11日にかけて、釈迦の生誕を祝う「ワイサク」と呼ばれる祭りが開かれた。満月の夜に読経が響き渡り、厳かな雰囲気に包まれた。

 金色に輝く仏像が設置されたステージでは、けさに身を包んだ僧が読経。信者ら数千人が祈りをささげ、説法にも聞き入った。

 10日夜には数百のランタンが空に放たれ、ほのかな明かりと闇のコントラストが幻想的な雰囲気を醸し出し、祭りは最高潮を迎えた。夜が明け始めたころ、僧や信者らは祈りながらボロブドゥールの回廊を巡った。