東京円、114円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=114円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比33銭円安ドル高の1ドル=114円23~24銭。ユーロは16銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円21~25銭。

 米長期金利の上昇を背景に、日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いが優勢だった。前日にニューヨーク原油先物相場が上昇したことも投資家の積極姿勢を誘い、安全資産とされる円が売られる材料になっている。

 市場では「このところ急速に円安ドル高が進んだので、利益確定のためにドルを売る動きもある」(外為ブローカー)との声があった。