シャープ、東芝メモリ買収へ意欲 米工場の建設計画示唆

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 シャープ首脳は11日、東芝が分社化した半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の買収交渉を巡り、交渉が成立した場合に米国で半導体工場を建設する計画があることなどを示唆し、親会社の台湾・鴻海精密工業が主導する枠組みに参加する形での獲得へ強い意欲を表明した。

 東芝が東芝メモリに出資する企業を選ぶ入札手続きでは、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と、産業革新機構や日本政策投資銀行が組む「日米連合」が有力候補として浮上している。