広島中央署盗難、内部犯行か 会計課、不審に思い確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広島中央署で現金約8500万円が盗まれた事件で、会計課の担当者が不審に思い、本来点検すべき生活安全課に代わって金庫を確認し、現金の紛失に初めて気付いたことが11日、分かった。金庫の鍵は署員が管理しており、広島県警は内部の犯行との見方を強めている。

 捜査関係者によると、現金は詐欺事件の証拠品で、捜査を担当していた生活安全課が月1回、金庫を点検していた。8日の通常業務終了後に会計課が急きょ確認すると、なくなっていたという。

 県警によると、家宅捜索先で2月までに押収し、金庫内で他の金と混ざらないよう、容器などに小分けにして管理していた。