NZ、TPP手続き完了 日本に続き2番目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シドニー共同】ニュージーランド政府は11日、環太平洋連携協定(TPP)の承認を閣議決定し、手続きを完了した。国内手続きを完了したのは、日本に続き2番目。昨年11月に議会がTPPに関連する法律改正案を可決していた。ニュージーランドは米国抜きの11カ国によるTPP発効にも積極的だ。

 マクレー貿易相は「閣議決定は、アジア太平洋地域における質の高い一連のルールに価値があるという明確なメッセージだ」との声明を出し、米国が離脱したものの、TPP合意を具現化する「あらゆる選択肢」を模索していくと明言した。