G大阪に制裁金200万円 ナチス想起の応援旗問題で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJリーグは11日、一部サポーターがナチス親衛隊(SS)を連想させる応援旗を掲げたJ1のG大阪に対し、けん責と制裁金200万円の処分を科した。SS旗は差別的要素を含むとして、順守義務などの規約に照らして判断した。

 問題は4月16日、ヤンマースタジアム長居でのC大阪戦で発生。当該のサポーター組織は解散し、入場禁止となった。G大阪は現在、旗や横断幕の掲出を禁じている。