小澤さんがリハーサル公開 水戸市内の高校生ら650人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 リハーサルの合間に聴衆に話しかける小澤征爾さん(中央左)=11日午後、水戸市(大窪道治氏撮影、水戸芸術館提供)

 世界的指揮者の小澤征爾さん(81)が11日、水戸芸術館(水戸市)で総監督を務める水戸室内管弦楽団のリハーサルの様子を公開し、市内の高校生ら約650人が迫力の演奏に聞き入った。

 公開したのは12日から開かれる定期演奏会で演奏するグノーの「小交響曲」など2曲。カジュアルな赤色の上着を羽織って登場した小澤さんはこの日、指揮台には立たず、観客席から時折アドバイスを送りながら練習を見守った。

 演奏の合間に「指揮者があってもなくてもいいのがこの楽団の特徴。今日はみなさんと一緒に演奏が聞けます」と聴衆にユーモアを交えて説明した。