関東南部、最短500年で発生か 元禄級大地震

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 元禄関東地震の震源域(赤い枠)。赤い矢印は調査した階段状の地形のある場所。緑の枠は関東大震災の震源域(安藤亮輔・東京大准教授提供)

 関東南部では、1703年に発生したマグニチュード(M)8・2の「元禄関東地震」と似たタイプの大地震が、最短500年間隔で発生していたことが分かったとの研究結果を、東京大と産業技術総合研究所のチームが11日、発表した。

 政府地震調査委員会の長期評価では、元禄関東地震と同規模かそれ以上の地震の発生間隔は2千~2700年とされる。500年は国の評価より大幅に短い一方、2800年のときもあり、発生間隔に大きなばらつきがあることも分かった。

 東京大の安藤亮輔准教授(地球惑星科学)は「国の評価を見直す必要がある」と話している。