袴田さんに将棋アマ初段、浜松 プロ棋士が自宅訪問

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本将棋連盟からアマチュア初段の免状を受け取った袴田巌さん。左はプロ棋士の神谷広志八段=11日午後、浜松市

 静岡地裁の再審開始決定を受けて釈放された袴田巌さん(81)の浜松市の自宅を11日、将棋のプロ棋士神谷広志八段(56)が訪れ、袴田さんにアマチュア初段の免状を贈った。

 袴田さんは将棋が趣味。神谷八段の前で詰め将棋を簡単に解いて驚かせ、扇子と共に詰め将棋の本をプレゼントされると「ありがとうございました」と熱心に読み始めた。

 将棋盤のマス目が81マスであることから、将棋界では81歳を「盤寿」として祝う習慣があるといい、日本将棋連盟は盤寿の祝福も込めて袴田さんに免状を贈ることを決めた。アマ初段はプロ棋士からの推薦などで認定される。