車の任意保険数千円安く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構が、任意の自動車保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」を平均8%引き下げることを決めたことが12日、分かった。一般的な自家用乗用車の場合、2018年以降に年間保険料が数千円程度下がりそうだ。

 参考純率の引き下げは2003年以来、14年ぶり。自動ブレーキなどを搭載する「先進安全自動車」が増えて事故が減少し、損保各社の収支が改善していることが今回の引き下げの背景にある。

 同機構は11日に金融庁に届け出た。月内にも認められる見通し。損保各社は今後、自社の独自の事故データや費用を考慮した上でそれぞれ保険料を決める。