北九州火災、犠牲者2人判明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 北九州市小倉北区で木造2階建てアパートが全焼し6人が死亡した火災で、小倉北署は12日、6人のうち2人は、いずれも住人で職業不詳の岩崎優さん(60)と河野正裕さん(77)と判明したと明らかにした。残る4人の身元特定を進める。

 署によると、岩崎さんは発生10日前の4月27日、河野さんは3月6日に入居。福岡県警の現場検証で建物北側が激しい燃え方をしているのが確認されているが、岩崎さんは2階南寄りの部屋、河野さんは1階の最も南側の部屋に住んでいた。

 岩崎さんは発生翌日に家族から署に連絡があり、歯科医院に残っていたカルテから歯型を調べるなどして特定した。