カラオケ動画投稿はNG 東京地裁、権利侵害認める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 カラオケで歌う様子を動画サイトに投稿するのはNG―。大手カラオケメーカーの第一興商(東京)が投稿者の男性を相手取った裁判で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)が昨年12月、動画の削除を命じる判決を言い渡していたことが分かった。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」などには人気アーティストの楽曲をカラオケで歌う動画が「歌ってみた」といったタイトルで多数投稿されているが、知らないうちにカラオケメーカー側の権利を侵害している恐れがありそうだ。

 著作物の創作者本人でなくても、著作物の伝達に重要な役割を果たすレコード製作者や放送事業者などには「著作隣接権」が認められている。