7億円持ち出し韓国人4人起訴 関税法違反罪、福岡地検

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 現金約7億3千万円を無申告で国外へ持ち出そうとしたとして、福岡地検は12日、関税法違反の罪で韓国人の男4人を起訴した。この事件があった日に、福岡市中心部で銀行から引き出された現金約3億8千万円が強奪される事件が発生しているが、捜査当局は4人が強奪に関与した可能性は低いとみている。

 地検によると、いずれも無職の31~36歳。認否は明らかにしていない。福岡県警によると、4人は「車購入のために預かった金だった」などと説明していた。

 関税法は100万円を超える現金を無申告で海外へ持ち出すことを禁じている。