ラグビーW杯優勝に自信 イングランドのジョーンズ監督

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インタビューに答えるラグビーイングランドのエディー・ジョーンズ監督

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で、最激戦が予想される1次リーグC組に入ったイングランドのエディー・ジョーンズ監督が12日までに取材に応じ、強豪のフランス、アルゼンチンと同じ「死の組」になったことについて、「厳しい相手に2試合勝つことは優勝に向けて素晴らしい準備になる」と意欲を語った。

 イングランドを世界ランキング2位に引き上げたジョーンズ監督は1位のニュージーランドを最大の強敵とした上で「勝つチャンスをつくり出すことは100パーセントできる」と優勝に自信をのぞかせた。