国民投票、国政選挙と同時可能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する菅官房長官=12日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、憲法改正の是非を問う国民投票と国政選挙を同時実施しても問題ないとの認識を示した。「首相の衆院解散権の制約はないと思っている」と述べた。これまでの与野党内での改憲議論では、国政選と国民投票とは分けて実施する方が望ましいとの意見が大勢。公明党の井上義久幹事長も会見で同様の考えを示しており、政権内で見解が対立した形だ。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は、自民党の保岡興治憲法改正推進本部長と党本部で会い、憲法9条への自衛隊明記や2020年の改正憲法施行を訴えた自らの提案を踏まえ、党独自の改憲案を作成するよう指示した。