海上男性遺体に暴行痕か、北九州 似顔絵公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福岡県警が公開した遺体で見つかった男性の似顔絵

 福岡県警は12日、北九州市若松区久岐の浜の洞海湾海上で10日、男性の遺体が見つかり、司法解剖の結果、顔や頭などに殴られてできた疑いのあるあざや傷が確認されたと明らかにした。死因は溺死とみられ、事件の可能性もあるとみて捜査する。

 県警は身元特定を急ぐため似顔絵を公開し、情報提供を呼び掛けた。30代~40代とみられ、身長約174センチのやせ形。鼻付近に小豆大のいぼがあるのが特徴。上下黒色のジャージー姿だった。

 10日午前6時55分ごろ、釣りをしていた男性から「海上に男性が浮いている」と110番があった。

 情報提供は若松署、電話093(771)0110。