みずほがスマホの支払いサービス 公共料金や通販

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 みずほ銀行は12日、公共料金や通信販売の払込票に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むと、自分の銀行口座から企業や自治体に代金が支払われる新しい決済サービスを7月にも始めると発表した。銀行窓口やコンビニに行って料金を支払う手間が省ける。今後、他の金融機関でも同様のサービスが広がる可能性がある。

 事前に専用のアプリをスマホに取り込み、支払いのための口座を設定する。スマホでバーコードを読み込んで暗証番号を入力すると、口座から代金が即時に引き落とされる仕組みだ。