大阪市長「認可取り消しに進む」 森友系列保育園

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪市の学校法人「森友学園」系列の「高等森友学園保育園」(淀川区)が保育士不足に陥っている問題で、吉村洋文市長は12日、「事業停止命令を出した後は、認可取り消しの手続きに進んでいくことになる」と市役所で記者団に語った。

 市はこれまで保育士確保を求め、同保育園に改善勧告や、より重い改善命令を出したが、期限内に実現しなかった。吉村市長は7月1日に事業停止命令を出す方向で手続きを進める考えだ。

 市長は「改善勧告や改善命令をしても保育士がいないのは、保育所としてはどうなのか」と指摘した。