仏次期大統領が支援表明 パリ五輪招致でIOCに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ジュネーブ共同】2024年夏季五輪の開催を目指すパリの招致委員会は12日、フランスのマクロン次期大統領が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と行った11日の電話会談で招致活動を支援する考えを伝えたと発表した。

 招致委のエスタンゲ共同会長は、マクロン氏が14~16日にパリを視察するIOC評価委員会のメンバーと会談することを明らかにし「マクロン氏は当初から招致活動を支えてきた。新世代のリーダーで国民の団結を強く望んでいる」とコメントした。