大リーグ、上原が八回を三者凡退

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ブレーブス戦の8回、代打で空振り三振に倒れるマーリンズのイチロー=マイアミ(共同)

 【セントルイス共同】米大リーグは12日、各地で行われ、カブスの上原はセントルイスでのカージナルス戦の八回に4番手で登板し、2三振で三者凡退に抑えた。チームは3―2で勝った。

 マーリンズのイチローはブレーブス戦の八回に代打で出場し、空振り三振に倒れた。守備には就かず、チームは4―8で4連敗となった。

 アストロズの青木はヤンキース戦で出場機会がなく、日米通算2千安打まで13本のまま。チームは5―1で5連勝とした。