ゴンドラが転落2人死亡、石川 志賀町の風力発電所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 風力発電所の事故現場へ実況見分に向かう石川県警の捜査員=13日午前9時39分、石川県志賀町

 12日午後5時20分ごろ、石川県志賀町酒見の山中にある「あいの風酒見風力発電所」の敷地内で、「クレーンが倒れ、2人が乗ったゴンドラが崖下に転落した」と近くにいた作業員が119番した。53歳の男性がその場で死亡、富山県小矢部市の自営業松井栄さん(43)は搬送先の病院で死亡が確認された。

 羽咋署は13日、現場を実況見分した。業務上過失致死の疑いもあるとみて、発電所の関係者らから事情を聴くなどし、詳しい事故原因を調べている。

 同署や地元消防などによると、クレーン車のアーム部分が伐採作業中に突然縮み、2人を乗せたゴンドラが約10メートル下の崖下に落ちたという。