土壌改良工事業者も聴取 森友問題で大阪地検

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校建設の土壌改良工事費を巡り、同市の建設会社から約2千万円の値引きを受けながら、値引き前の約1億3100万円を国に申請し支払いを受けた問題で、大阪地検特捜部が同社の営業担当者から任意で事情聴取したことが13日、関係者への取材で分かった。

 2千万円不当取得疑惑だけではなく、一連の工事の経緯を確認するとみられる。

 特捜部は、学園側が小学校建築費の異なる3通の工事請負契約書を作成し、国から約5600万円の補助金を受けた問題で、補助金適正化法違反容疑の告発状を受理。建築工事に携わった設計、施工の関係者から任意聴取を進めている。