トライアスロン佐藤13位が最高 世界シリーズ第3戦、横浜大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 13位となった佐藤優香のラン=横浜市

 トライアスロンの世界シリーズ第3戦、横浜大会は13日、横浜市山下公園周辺特設コース(51・5キロ=スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、女子はリオデジャネイロ五輪代表の佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が2時間0分2秒で13位に入ったのが最高だった。

 上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)は途中棄権した。優勝はフローラ・ダフィー(バミューダ)。男子は小田倉真(三井住友海上)の25位が最高で、マリオ・モラ(スペイン)が2連覇した。